1. JP
  2. EN
The power of truth.

一瞬の真実を捉える。

 

Newsニュース

Business Field事業領域

60年を越える技術革新や品質追求の歴史に裏打ちされた強いエッジデバイス、先端の画像解析技術やAIを駆使して、これまでは把握できなかった情報まで徹底した”見える化”を実現。その情報をお客様のワークフローにつなげることで、製造・金融・医療から小売り・サービス・公共機関など、あらゆる現場における安心・安全の基盤構築に貢献いたします。

「撮像技術、センシング技術、AI映像解析技術、データセキュリティ技術」といったコア技術をベースに、「監視カメラシステム、警察向け業務支援システム、顔認証システム、医療&産業用カメラ、映像解析ソフトウェア、クラウド映像サービス」といったデバイスやサービスを開発。それらに基づき、「センシングソリューション事業、医療・産業用映像モジュールソリューション事業」をご提供しています。
インテリジェント監視
ソリューション事業
» 詳細ページへ
パブリック
ソリューション事業
» 詳細ページへ
医療・産業用映像モジュール
ソリューション事業
» 詳細ページへ

Leadersリーダー

取締役

常勤取締役
中尾 真人 (代表取締役会長 兼 チーフ・エグゼクティブ・オフィサー) 尾崎 祥平 (代表取締役社長 兼 チーフ・オペレーティング・オフィサー)
非常勤取締役監査役
取締役 木村 雄治 (ポラリス・キャピタル・グループ株式会社 代表取締役社長)
山田 純平 (ポラリス・キャピタル・グループ株式会社 パートナー)
原田 秀昭 (パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 上席副社長) 監査役 新田 知秀 (ポラリス・キャピタル・グループ株式会社 プリンシパル)
山本 哲彦 (ポラリス・キャピタル・グループ株式会社 プリンシパル)

経営幹部 (会長、社長、50音順)

中尾 真人 代表取締役会長 兼 チーフ・エグゼクティブ・オフィサー尾崎 祥平 代表取締役社長 兼 チーフ・オペレーティング・オフィサー朝比奈 純 バイスプレジデント、セキュリティ&セーフティージャパン ヘッド 江口 将美 バイスプレジデント、セキュリティ&セーフティーグローバル ヘッド岡本 佐知子 チーフ・ヒューマンリソース・オフィサー 志賀 亜矢子 チーフ・インフォメーション・オフィサー 関根 淳雄 チーフ・ファイナンシャル・オフィサー 高桑 誠 バイスプレジデント、コーポレートテクノロジー ヘッド 高橋 秀明 バイスプレジデント、コーポレートソフトウェア ヘッド 櫃石 紀男 バイスプレジデント、セキュリティ&セーフティーカメラプロダクト ヘッド ウィリアム (ビル) ブレナン バイスプレジデント、セキュリティ&セーフティーアメリカズ ヘッド 兼 パナソニックi-PROセンシングソリューションズアメリカ株式会社 社長 細矢 雅彦 バイスプレジデント、インダストリアル&メディカルビジョン ヘッド 山口 圭三 チーフ・マニュファクチャリング・オフィサー 兼 パナソニックシステムネットワークス蘇州有限会社 総経理

Corporate会社概要

企業情報

社名
パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社
設立
2019年
代表者
代表取締役会長 中尾 真人
代表取締役社長 尾崎 祥平
事業内容
セキュリティ・医療・産業分野向け機器・モジュールの開発、製造、販売
システムインテグレーション、施工、保守、メンテナンス及びこれらに関するサービスを含む各種ソリューションの提供
従業員数
約1,300名(海外関係会社を含む)
オフィス

日本

アメリカ

中国

ヨーロッパ

Global Networkグローバルネットワーク

United States

Vertical Markets業界別ソリューション

様々な業界における課題解決のため、機器・モジュールの開発、製造、販売に加え、システムインテグレーション、施工、保守、メンテナンス及びこれらに関するサービスを含む各種ソリューションをご提供しています。

小売

万引きや店舗設備へのイタズラ、駐車場でのトラブル抑止まで。業績にダメージを与える多種多様なロスの低減に、最先端のAI技術を含むインテリジェント監視システムで貢献します。また、店内の動線や混雑状況、接客状況などの可視化によって、よりスムーズな店舗運営とサービス品質の向上に寄与。経営効率と顧客満足度の両立をサポートします。

公共交通

駅・列車内での迷惑行為、沿線設備への侵入・破壊行為など、交通機関ならではのトラブル抑止や解決をサポートするのが、高度な監視システムです。屋外使用時に求められる高い耐候性・耐振性を持つハードウェア、不特定多数の人が行き来するターミナルでも対象を即座に検知できる先進のソフトウェアで、旅客と貨物の安心で安全な輸送を支えます。

市中監視

毛細血管のように街の隅々まで張り巡らされた道路、大勢の利用客が往来する空港や駅など、都市の公共スペースでは目まぐるしく人々と交通車両が交錯します。大量の情報を高速で処理し、特定の人物の顔や車両ナンバーを検知するAI技術や、夜間でも鮮明な画像で安全を見守る高画質技術によって、24時間安心・安全な街の実現に貢献します。

物流

荷物の紛失や損傷、荷捌き場でのフォークリフト事故など、物流の現場につきもののさまざまな課題解決に、AIを駆使した高度な監視システムが力を発揮します。各配送拠点を効率的にマネジメントできるマルチサイト監視や、人とモノの動線を最適化するためのヒートマップ情報の提供などを通じ、業務の効率化と安全性の向上に貢献します。

教育

広い敷地や複数のキャンパスを行き来する学生・生徒の安全確保は、教育の現場が抱える最大の課題のひとつです。屋内外を問わず、必要な場所を鮮明な映像で監視できる先進のセキュリティソリューションによって、不審者の侵入やその他のトラブルを素早く検知。安心安全な学習環境を維持することで、教職員や学生たちのキャンパスライフをサポートします。

商業施設

企業の施設内における従業員並びに設備・情報資産の安全確保のための投資は、現代のビジネスにおいて不可欠なテーマです。物理面でのセキュリティレベル向上に貢献する先進の入退管理システムから、建物内外のビジュアル監視まで、施設の信頼を守るセキュリティソリューションを提供します。

スタジアム

不特定多数の人々が集まるスタジアムでは、膨大な客席から関係者エリアの隅々まで、監視すべき場所は広範囲に渡ります。数多くのカメラで構成された監視ネットワークがあれば、必要な映像のみを素早く検索・追従することができます。また、顔認証システムによって、迷惑行為の常習犯など要注意人物の入場を未然に防ぎ、一般来場者が安心して楽しめる空間づくりをサポートします。

行政施設

各自治体・行政機関にとって、地域の防犯防災ならびに住民の安全確保は最優先課題のひとつです。さまざまな公共施設や交通機関、道路網から各種インフラ設備まで、行政機関ならではのセキュリティ対象の幅広さとニーズの多様さに対応するため、先端のAI技術を含むフレキシブルなソリューションをご提供します。

捜査支援

捜査現場での記録映像は、証拠としての活用にとどまらず、犯罪発生時の捜査支援、傾向分析・予知による事件の未然防止といったプロアクティブな用途にも使われるようになっています。必要な証拠映像を素早く検索しやすいデータ管理システムや、事件の早期解決に貢献するリアルタイムモニタリング・画像解析、事件を未然に防ぐ犯罪予知アルゴリズムなどのソリューションによって、より効率的な業務遂行をサポートします。

医療/産業

長年培ってきた映像技術を応用し、セキュリティ分野にとどまらず、医療/産業用分野における組込み用カメラの領域でも多数の実績を重ねています。超細径でありながら、先端にイメージセンサーを搭載したカメラで、高精細かつ忠実な色再現を実現。リアルタイムに患部を詳しく観察しながら治療したい、といった臨床現場におけるニーズに応え、先端医療の発展に大きく貢献します。

History沿革

組織沿革

1957
松下電器産業(株)中央研究所において業務用監視カメラを開発
1961
松下通信工業(株)(2003年にPSS※1に事業再編)において業務用監視カメラ事業開始 ※1:PSS:松下電器産業(株)パナソニックシステムソリューションズ社(社内分社)
2001
九州松下電器(株)(2003年にPCC※2に社名変更)においてIPネットワークカメラ事業開始 ※2:PCC:パナソニックコミュニケーションズ(株)
2005
PSSより、i-PROシリーズの監視カメラシステムをリリース
2010
PSSとPCC統合によるパナソニックシステムネットワークス(株)(=PSN)発足に際し、
監視カメラ事業を再編してセキュリティシステム事業部を発足
2011
パナソニック(株)の北米警察向け車載録画システム事業と、
三洋電機(株)の監視カメラシステム事業をPSNのセキュリティシステム事業部へ統合
2015
アメリカのVMS(ビデオマネジメントシステム)ベンダーのVideo Insight社を買収
2017
PSNのセキュリティシステム事業部を会社分割によりパナソニック(株)に承継
2019
セキュリティシステム事業部を母体とし、ポラリスキャピタルグループの出資を受けた新会社、パナソニックi-PROセンシングソリューションズ(株)を設立

事業沿革

セキュリティ
システム
医療・産業用
カメラ
1957
アナログカメラ発売アナログカメラ
1986
人の親指サイズのコンパクトな「親指カメラ」導入
1991
1/2型CCDカメラ発売1/2型CCDカメラ
1994
分離型3CCD発売(業界初)
1995
PTZドームカメラ発売PTZドームカメラ
1998
デジタルディスクレコーダー発売デジタルディスクレコーダー
2000
IPエンコーダー発売IPエンコーダー
2001
オートクレーブ対応分離型3CCD発売(業界初)
2006
i-PROカメラ、IPレコーダー発売
PCソフトウェアパッケージ DG-ASM100発売
i-PROカメラIPレコーダー
ハイビジョン画質の分離型3CCD発売(業界初)ハイビジョン画質の分離型3CCD発売
2010
i-PRO SmartHD発売i-PRO SmartHDi-PRO SmartHD
ハイビジョン画質の分離型1MOS発売(業界初)ハイビジョン画質の分離型1MOS発売
2011
映像監視ソフトウェア WV-ASM300発売
2013
顔検索サーバー WV-ASF900発売
4K3板(RGB)対応カメラモジュール発売(業界初)4K3板(RGB)対応カメラモジュール
2017
i-PRO EXTREME発売i-PRO EXTREMEi-PRO EXTREME
4K4板(RGB+IR)対応カメラモジュール発売(世界初)
先端実装型血管内視鏡用カメラを発売(世界初)
4K4板(RGB+IR)対応カメラモジュール先端実装型血管内視鏡用カメラ
2018
ディープラーニング顔認証サーバーソフトウェア FacePRO発売ディープラーニング顔認証サーバーソフトウェア FacePRO